2級認定講師への道③ 予備講座当日

こんにちは 三重県津市の整理収納アドバイザーERIです

前回は認定講座受講までのことを書きましたが

今回は認定講座当日のことです

5時半おきして名古屋から新幹線で向かいました

そして会場である新大阪到着

会場はもうお馴染みの

こちら

午前中は試験の説明や対策法、そして実際認定講師になった場合の手続き等

大事な内容なのでメモ取りながら聞くのに必死でした

そしてこの午前中の講義で衝撃的な一言が

それは 担当の澤先生が試験対策について話した中での一言

「うまくミスなくまとめても合格しない」

がーん!

まさに私 うまくミスなくを目指していました

だって話すの苦手だし経験ないし そうしたら原稿を丸暗記してそれっぽく話すしかないじゃん

と思っていたのです

でもそれじゃあどうしたら合格するの?

と思いましたがその答えは午後明らかになりました

発表の時間がきました

人数が多かったので5人グループ2つに分かれてくじ引きで順番を決めます

聞いている人も相手の評価票を書き発表後にフィードバックします

4名の発表を聞きあ〜なるほどと思いました

笑顔ではきはきと話される方

最初の掴みが上手い方

ボードやテキストをうまく活用されている方

そしてなにより聞いていて楽しい、もっと聞きたいと思わせなければいけないと感じました(理論の説明がわかりやすいというのは絶対ですが)

私はというと丸暗記した内容を話すだけ・・・

フィードバック内容は

笑顔がない

学校の授業みたい

真面目すぎる

ちーん・・・

午前中の澤先生の言葉はこういうことか!

と納得

でもまあ ここで課題が明確になったのでこれから

そこを克服すべく

さてどうするか

続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました